人手不足のために介護求人は条件交渉が可能です


超高齢化社会をむかえ、すでに4人に1人以上が高齢者という状況が生まれています。

要介護認定を受けている認知症高齢者の数は100万人を超えたと言われ、今後もその数は増加することが予測されています。



認知症高齢者が在宅生活を続けることは難しいため、その受け皿となる高齢者専用の介護施設も毎年右肩上がりで増加しているのです。


しかし、問題となっているのはそのような施設で働く介護職員の人手不足です。
重労働、低賃金と言った固定概念が強く、専門職としてのキャリアアップの道も限られているため、不人気業界として常に名前があがります。

国や地方自治体も人手不足解消に向けた処遇改善政策を行っているものの、抜本的な解決には至っておりません。

そのような時代背景ですので、転職市場としては超売り手市場状態となっています。

あなたに合った条件のNAVERまとめの人気度が上昇しています。

特に介護福祉士やケアマネジャーなどの専門資格を有している職員の求人相場価格は年々向上しているのです。

これらの状況は専門職である労働者側としては追い風の状況です。

決して自分の市場価値を低くするのではなく、積極的に条件交渉するチャンスが増えているからです。
求人票には給与の最低限度額と最高限度額が提示されています。給与規定に則って記されているものですが、その情報に縛られることなく、自らの経験と資格をアピールしましょう。

個人交渉が苦手な方であれば、人材紹介会社を活用するのも良い方法です。



人材紹介会社には非公開の求人情報が集まっているので、先ずは相談してみましょう。